第七議会

画面をみっちり文字で埋める系オタクの感情のたまり場

新規スト担がただただKing & Princeが凄いと言ってるだけのブログ


精神弱々オタクなので最初に予防線を張っておきます。当方文章を書くのがとても非常に下手くそなため、読む方によってはところどころご不快な思いをさせてしまうような記述があるかもしれません。どの箇所に関しましても他意はありません。悪意もございません。まぎらわしい書き方をしているのであれば謝罪いたします。どうか石を投げないでください。



さて。



わたしはドが三万個くらいつく新規SixTONESファンである。3月30日のカウントダウンTVライブライブ地上波初披露Telephone出のスト担なので、このジャニーズアイドルとかいう沼に突如引き摺り込まれてからじつに3ヶ月が経過したことになる。それまでジャニーズはおろかアイドルという存在あるいは概念に全く興味関心はなく(そこそこ年季の入ったPerfumeファンではあるけども)、二次元の沼でぬくぬくと金切り声をあげる生活を送っていた。スト担になってからも二次元とは全くレベルの違う供給にヒィヒィ言いながらそれなりに楽しくオタ活していた。CDを買ったり、番組を録画したり、YouTubeを観たり、アイドル誌を読んだり。そうそう、表紙から裏表紙までジャニーズアイドルしか載ってない雑誌がこの世に存在しているなんて初めて知った。オタ活はわりと楽しかった。ちょうど自粛期間で暇を持て余していたこともあったし。そしてある日、わたしはほとんど生まれて初めてバラエティ番組をジャニーズ目当てで録画した。TBSのTHE有吉夜会ジャニーズスペシャル。


面白い番組だった。お風呂あがりに寝っ転がりながら次々と出てくるSixTONESと嵐の絡みエピソード(ただし櫻井さんはのぞく)にげらげら笑ってた。で、SixTONESのコーナーが終わって、次に始まったのがキンプリの平野さんのコーナーだった。ような気がする。順番は違ったかもしれんがとにかくわたしは平野さんのコーナーを見た。なんでかはわからない。たぶん暇だったんだと思う。


結論から言おう。

メチャメチャ笑った。


いやシュールすぎん?顔の良い男がやたら真剣な眼差しで他タレントに無茶振りするんだぞ。設定を無茶振りして監督をするってそもそも何よ。天然ハイライトの入った澄んだ瞳でぶつぶつなにごとかをつぶやいてる顔の良い男に最早狂気を感じる。だーれも彼のスピードについていけん。彼の世界観に振り回されっぱなしのMC、ひな壇、その真ん中でニコニコ笑うひたすら顔の良い男。この世のシュールありったけ集めてここに持ってきたんか?ってぐらいその平野さんは面白かった。ついでに言うと、その後のガチンコ腕相撲対決にさっきの無自覚天然爆弾とのギャップに目かっぴらいた。あと腕がすごくきれいだった。顔の良い男はもれなく体のパーツも良いのはこの世の真理なのかもしれん。


とにかくこの平野さんがひたすら面白かったので、この後も何回か見た。すごく疲れた時とか気が滅入った時とかにこの録画を観るのが恒例になった。SixTONESでまず笑って、それから平野さんでトドメを刺すのがわたしの元気を出すルーティンになった。平野さんしかり京本さんしかり、顔の良い男が周りを振り回すのってなんであんなにおもしろいんだろうな。


で、それから何日も経って、その日わたしは少クラを観ていた。THE少年倶楽部、などという、ジャニーズしか出演していない音楽番組なんて初めて知った。SixTONESの出番が来るまでのながら見として、勉強しながらテレビをつけてた。そしたら、そう、そしたらだな。なんかちょっと質の違う音楽が聞こえた気がした。ひどく感傷的でアダルトで、もやのかかった夜の空気を凝縮したみたいな雰囲気をまとったイントロ。いいようのない悲しみと無力感に満ちたボーカル。ちょっとした鳥肌が立って顔を上げた。こんな曲をこんな風に歌うジャニーズって誰だよ。曲の題名はNaughty Girl。凝視したテレビの画面の奥、センターで踊る平野さんを見つけて泡吹いた。(吹いてない)


あの天然カオスなシュールワールドでひな壇の人間全員振り回してたかわいい平野さんはどこ行ったんですか????ていうかキンプリってこういう歌歌うの?こんな「所有欲と独占欲ドロッドロに煮詰めて固めました。スパイスはメンヘラ的精神です。仕上げに諦観をふりかけました」的な仄暗いラブソングを??


恥ずかしながらわたしはキンプリの歌といえばシンデレラガールしか知らなかった。これはマジな話だ。なんならこれは去年リリースされた曲だと思ってた。なぜなら文化祭で去年学校のダンス部が踊ってたから。あとで調べたら発表されたの2018年なんですね。なんならデビュー曲だったんですね。ていうかキンプリって2018年デビューなのか、もっとずっと居るもんだと思ってた。じゃあたった2年でこの知名度と人気はすごいなぁ。


話を戻そう。そうだからわたしのなかのキンプリのイメージって真っ白なタキシードのよく似合う正統派王子様だったのだ。キラキラ輝いてて、いつでも甘くて、投げキッスとかウィンクとかたくさんして、黄色い歓声を浴びて、いつでも君が一番だよと囁く人たち。正しく世界を統べる方々。そんなイメージだったのだ。わたしのような低俗な人間には程遠い、住む世界の違う人たちだと思ってた。あと単純にわたしはあまりああいうキラキラに沸けない。


だから度肝を抜かれた。だって、キラキラ王子様じゃなかったの。いつでも甘い正統派アイドルじゃなかったの。今テレビに映っている子たちはみんな愛に飢えていて、どうして同等の愛を返してくれないのだと悲観して、自分の腕の中に来てくれない彼女のことがそれでもやっぱり恋しくて、ねえだから君が僕の一番だよと、囁くのではなく叫ぶように言っていた。見ているこっちの心が締め付けられた。平野さんの衣装がそれを余計に助長させた。ダメージジーンズ的なものを履いてたけど外目からはハーフパンツみたいに見えた、だから余計に少年性が増した。なにもしらない幼い男の子が自分の愛に翻弄されているようだった。その様子があまりにも痛々しくて、でもどこか官能的だった。


 それはちょっとした衝撃だった。わたしがキンプリに対して抱いていたイメージががらがらと崩れ、平野さんのことはもっとわからなくなり、ついでに言うと間髪入れずにSixTONESのJAPONICA STYLE(扇子Ver.)が始まったので最終的に情緒がメタクソになった。そして戯言のように呟いた。ジャニーズ、怖。と。



それからずいぶん経ったこれまたある日のことだった。相変わらず学校は始まらなかったが、ジャニーズと二次元のおかげでそこそこ充実し安定した日々を送っていた。わたしは元気にSixTONESの動画を観ていた。したらおすすめ欄にキンプリが出て来た。キンプリのすごさ怖さはいつぞやの少クラで知っていたので耐性ついてるし大丈夫、と思い動画をポチーした。 観たのはこれ。


https://www.youtube.com/watch?v=7aCS8d9e3nI


永瀬廉の顔が良いんだが????????????


あとやたら声の良い人と歌の上手い人と少年じみた人が居たんだがあれは誰だ???????



ちょっとだけ補足すると、わたしはキンプリのメンバーで顔と名前が一致するのは平野さんと永瀬廉しか居なかった。マジでお前どこに住んでんの?なに時代の人?と言われても言い訳できないこの情報弱者っぷりをとくと見よ。いややっぱ見ないで。だからこのMVを観た後ソッコーで「キンプリ メンバー」で検索かけた(今はもう顔と名前が完璧に一致します任せてください)。その上でこのMVをもう一回見た。



イヤ永瀬廉の顔が良いんだが????????????


永瀬廉のお顔、一番好きなタイプかもしれん。最初の光線の中歩いてくるところから最高。ていうか通路に立つ永瀬廉、いつもちょっと笑ってるのがあまりにも良いんだが…何もかもをあざ笑うというか…頭の良いクソガキ感超出てる…あと顔が良い……「相対すMoon&Sun」のソロパートの声も良い……ちょっとだけざらざらした感じの声好きなんだよな…あとそのちょっと後の「変わらない 変われない 誰も護れない」の神宮寺さんのお声も好きです。なんか安心する。あと単純に曲が良い。ボーカルのない部分に差し込むストリングスの使い方がうますぎる。ていうかみんなダンスうまい…今のジャニーズってみんなダンスうまい……すごい……二番の入りの神宮寺さんでやっぱこの人の声がこの中なら一番好きだなと思って、で、岸くん歌がうまい。スト担のTLで散々「岸くん歌上手い」って見たけどマジでたしかに歌がうまい。ていうか役者。完全に歌の中に入り込んでる。そして永瀬廉、顔が良い。ていうか歌割り、「迷わない 恐れない どこかで君を」を永瀬廉に歌わせた人間、天才なのか?この部分で永瀬廉にカメラを見つめさせた人間、天才なのか?こんな顔の良い男にやたら良い声で「どこかで君を」なんて歌わせちゃだめだって。それで目線合わしちゃだめだって。なんなんだ。こんなんオタクの人生全員狂うわ。ていうかモノクロにした時に浮き彫りになる顔の良さ。さっきから顔が良いしか言ってないような自覚がある。あと「I Believe It Actually」のところの平野さんのお顔と声、良すぎませんか?なんでそんな純粋で純真で澄んだ瞳でこっちを見つめるんですか?それから上ハモは岸くんなのかな?声の相性良すぎんか。あとサビ前の部分で全員の顔がアップになるところ、神宮寺さんが檻の外にふと目をやってるのも、岸くんが上を見上げているのも、永瀬廉がまっすぐ前を見つめているのも、それから高橋さんがちょっと強がってるような雰囲気を出しつつ「覆すだけ」って歌ってるのもなんか青い男の子たちの反乱って感じがしてとても…とても、とても良い………オタクはこういうの大好き……………ひたすら顔の良さと少年性で殴ってくるやん………あとやっぱりダンスがうまい、目まぐるしくセンター変わるけど誰がセンターにきても違和感全然ない…あと顔に手あててちょっと目線を下げてる高橋さんのお顔があまりにも絵画。檻の向こうからこっちを見る神宮寺さんも絵画。そして横イチ並んで歩いてくるとこ、文句なしのオーラがありすぎて「は、覇者…」とつぶやいた。そうです彼らが覇者。覇王ですよ覇王。


みたいなことをMV観ながら思った。とにかくひたすら顔が良くてダンスがうまい。なのにバラエティ出るとあの摩訶不思議シュールワールド展開するんでしょう?ギャップがすごすぎてむしろ怖い。なんかいつまでも""""少年""""を体現しつづけるグループなんだろうな…と…本当にこのMVが好きで、何度も観返しているのです。あとわたしは永瀬廉のお顔と神宮寺さんのお声が好きなんだと思う。嵐がそろそろ活動休止するけども、嵐の冠番組の後継でキンプリ番組持ったりしないかな。あのシュールさ定期的に見たいな。マジで面白かったもんな。


たったの数ヶ月でそれまで純粋培養してきたキンプリ(ひいてはジャニーズ)への先入観やら偏見やらが気持ちの良いほどぶっ壊されたなあ。マジでいろんなジャニーズタレントにいろんな風に「ジャニーズなめんなよ」って言われた気分。とりあえず8月ぐらいになってちょっと色々落ち着いてきたらMazy Night買いに行こうかなあ、と思っている今日この頃です。